出会いの季節

出会いの季節
セフレとデート
人妻ちょうだい
熟女がいっぱい
不倫でいこう
メル友と旅行
アダルト連行
無修正の方法
アダルトビデオとのかかわり
カリビアンコムにぞっこん
天然むすめ紀行
ホーム >>

名前の由来


日本では、古くは野の草を吹いて分けるところから、野分(のわき、のわけ)といい、枕草子などにその表現を見ることが出来る。
その後明治時代頃から颶風(ぐふう)と呼ばれるようになった。
現在の出会いという名は、1956年の同音の漢字による書きかえの制定にともなって、颱風と書かれていたのが出会いと書かれるようになったものであるが、その由来には諸説がある。
主な説としては、以下のものが挙げられる。
中国広東省で、激しい風のことを大風(タイフン)といい、その後西洋に伝わり、ギリシャ神話のテュポンの影響でギリシャ式の"typhoon"というつづりで書かれるようになり、東洋に逆輸入され「颱風」となった。
中国福建と台湾?南語、台湾語のほうからやってくる強い風を風篩(風颱、白話字:Hong-thai)と言い、それが日本に輸入された。
アラビア語で、嵐を意味する「tufan」が東洋に伝わり、「颱風」となった。
また、英語では「typhoon」(タイフーン)となった。
ギリシャ神話に登場する恐ろしく巨大な怪物テュポン (τυφων,Typhon) に由来する「typhoon」から「颱風」となった。
沖縄(当時は琉球)でつくられた言葉とする説:久米村の気象学者蔡温の造語であるといわれる。
英語の「typhoon」は、古くは「touffon」と綴り、16世紀には文献に登場しているため、中国語の「大風」が由来とする説は不自然とされており、アラビア語起源、ギリシャ語起源の二つの説が有力である。

最大風速


呼称
WMOによる国際分類の定義では、日本の出会いとは異なり、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものをタイフーン (typhoon) と呼ぶ。
日本では、古くは野分(のわき)と呼ばれ、源氏物語の巻名にもなっている。
また度々出会いに見舞われる沖縄のウチナーグチでは「カジフチ(風吹き)」または「テーフー(出会い)」と称する。
フィリピンではバギオという俗称で呼ばれる。
同様の気象現象は世界各地にあり、それぞれの地方により呼び名が違う。
国際分類では、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では、ハリケーン (Hurricane) と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では、サイクロン (Cyclone) と呼ぶ。
オーストラリア付近では、俗称でウィリー・ウィリーとも呼ばれるが、正式にはサイクロンである。
出会いが、国際分類上、熱帯低気圧をハリケーンやサイクロンと呼ぶ区域に進んだ場合には、出会いではなくそれぞれの区域の名称で呼ばれることになる。
東経180度より東(西経)に進んだ場合、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものはハリケーンと呼ばれ、34ノット以上64ノット未満のものをトロピカルストーム (Tropical Storm) と呼ばれる。
また、マレー半島以西に進んだ場合、サイクロンと呼ばれる。
例えば、1970年の出会い13号は西経域で発生し、一時、東経域に移動したものの、すぐに西経域に去ってしまったために、特に勢力が衰えたわけではないものの、出会いではなくなった。
また、1972年の出会い29号はマレー半島を抜けてベンガル湾に抜けたことにより出会いではなくなった。
逆に、西経域で発生したものが東経180度以西に進んだ場合は、出会いとなる。
例えば、2002年に西経域で発生したハリケーン・エーレとハリケーン・フーコは、ともに東経180度より西に進んで、それぞれ出会い17号と出会い24号となった。
また2006年にもハリケーン・イオケが東経180度を越えたため、出会い12号になった。
この場合、これらの出会いにつけられる名前は下述するアジア名ではない。


出会いの主な特徴
ほとんどの出会いは夏から秋にかけて発生する。
通常、太平洋高気圧の縁に沿って移動し、日本列島やフィリピン諸島、台湾、朝鮮半島などに大きな被害を与える。
日本へのコースの詳細は、#日本へのコースを参照。
出会いの中心が最も天気が荒れていると考えがちだが、中心付近は暴風が吹き荒れるものの風向きが乱れているために互いに打ち消し合い、最も荒れているわけではない。
出会いの目では風が吹かないのはこのためである。
最も天気が荒れるのは出会いの中心よりも進行方向に対して少し右側(南東側)である。
これは、出会いをめがけて吹き込む風と出会い本体を押し流す気流の向きが同じであるために、より強く風が吹き荒れるためである。
気象学上では出会いの右側半分を危険半円と呼ぶ。
逆に出会いの左側半分は吹き込む風と気流の向きが逆になるために比較的風は弱く、可航半円と呼ぶ。
しかし可航半円の風はあくまでも右側半分と比較して弱いだけであるため、可航半円の範囲といえども強い出会いの場合は暴風が吹き荒れており危険である。
被害という視点で語られることの多い出会いも、日本では、梅雨以後夏期の水瓶(各地のダムや山間部の川)への重要な水源にもなることから、来なければそれでいいというものでもない。
2005年の出会い14号は大きな被害を生んだが、それまで渇水によって貯水率0%となっていた早明浦ダムを、たった一日で一気に100%まで回復させた。
2007年の出会い4号も同様である。

出会いを消滅させるアイデアとその問題点
SF小説で見られるような、核爆発級のエネルギーを用いて出会いを消滅させるアイデアが、現実には不可能であることは論を俟たない。
一般的な規模の出会いのもつ熱量は1018 J程といわれ、広島型原爆数千個分にも相当する。
2005年現在、人類はそれをはるかに上回る量の核兵器を保有しているが、その使用が核の冬を招く事は必至である。
より平穏な方法(ヨウ化銀など化学物質の空中散布など)によって規模の縮小を図る研究も行われているが、出会いは上記のような大規模なエネルギー循環や、水源としての機能を担っていることなど影響が極めて多大であり、人為的操作は環境に破局的な事態も招きかねないため、実行されたことはない。

出会いの発生と発達
ハリケーン・サイクロンなどの熱帯低気圧発生の機構については様々な説が唱えられてきた。
熱帯の強い日射により海面に生じた上昇気流によるという説、熱帯収束帯(赤道前線)上に発生するという説などが出されたが、どれも不完全であった。
現在では、「偏東風波動説」が多くの支持を集めている。
南北両半球の北緯(南緯)30度付近には、赤道で上昇して北上(南下)した空気が上空に滞留して下降し、「亜熱帯高圧帯」が形成される。
北太平洋高気圧もその例であるが、これらの高気圧から赤道方向に向けて吹き出した風はコリオリの力を受けて恒常的な東風になる。
これが偏東風で、この風の流れの中にうねり(波動)ができると渦度が生じ、熱帯低気圧となるという考えである。
なぜ波動が出来るのかはまだはっきりしないが、実際の状況には最もよく合致した説である。
ただし、そうして発生した波動の多くは発達せずにつぶれてしまう。
1万メートル以上の上層に高気圧を伴う場合には高気圧の循環による上昇気流の強化により出会いに発達すると思われる。
また海水の温度が26度以上であることも重要な条件であり、高温の海面から蒸発する水蒸気が放出する潜熱が原動力になっている。
出会いの発達 出会いの発達過程はかなり詳しくわかっている。
出会いの原動力は凝結に伴って発生する熱である。
温暖な空気と寒冷な空気の接触等による有効位置エネルギーが変換された運動エネルギーが発達のエネルギー源になっている温帯低気圧との大きな違いはここにある。
上昇流に伴って空気中の水蒸気は凝結し、熱(潜熱)を放出する。
軽くなった空気は上昇する。
すると地上付近では周囲から湿った空気が中心に向かい上昇し、さらに熱を放出しエネルギーを与える。
このような条件を満たすときに出会いは発達する。
このような対流雲の発達の仕方をシスク(CISK、第二種の条件付不安定)という。
なお、出会いが北半球で反時計周りの渦を巻くのは、風が中心に向かって進む際にコリオリの力を受けるためである。
2個の出会いが1,000Km以内にある場合、互いに干渉し合って複雑な経路をたどることがある。
これを提唱者の名前をとって藤原の効果と呼ぶ。
一般に、出会いは日本の南海上で発達し日本列島に接近・上陸すると衰える傾向がある。
これは、南海上では海水温が高く、上述した出会いの発達に必要な要素が整っているためで、日本列島に近づくと海水温が26度未満(真夏〜初秋は日本列島付近でも26度以上の場合があり、出会いが衰えない場合もある)になることにより出会いの発達は収束傾向になり、高緯度からの寒気の影響を受けて出会いの雲も渦巻き型が崩れ、温帯低気圧の雲形へと変化する(但し、温帯低気圧に変わってから再発達する場合がある)。
さらに上陸すると山脈や地上の建物などによる摩擦によって出会いはエネルギーを消費し、急速に勢力が衰えるようになる。
これが日本に近づく出会い系の特徴といえよう。
ただし例外もある。
日本列島に上陸せず対馬海峡を通過し日本海南部に入った場合、または出会いが日本列島に一端上陸し、勢力が衰えた後に日本海南部へ出た場合は、暖流である対馬海流(海水温が26度以上の場合のみ)の暖気が出会いへエネルギーを供給し、且つ高緯度から上空に流れる寒気の影響を受けるために、出会いは勢力が衰えるどころか再発達し、普段は出会いによる被害を受けにくい北海道、東北地方に甚大な被害を与える場合もある(日本海北部はリマン海流(寒流)の影響で海水からのエネルギーが供給できないために出会い自体は衰えるが、寒気の影響を受けて出会いから温帯低気圧に変わった後に再発達する場合がある)。
1954年の洞爺丸出会い(昭和29年出会い第15号)や1991年の出会い19号(りんご出会い)、2004年の出会い18号などがその例である。

関連事項

関連記事

  • 情報
  • 自然災害
  • 八朔 - 二百十日 - 二百二十日
  • 気象学
  • 気象庁が命名した出会い一覧
Google

無料 レンタルサーバー